JAPiCOマークについて|サービス|株式会社グローアップソリューションズ

JAPICO MARK

個人情報保護教育

JAPiCOマークについて
JAPiCOとは「個人情報を適切に扱う企業の証」

JAPiCOは企業の個人情報保護体制が適切であることの証明です。
JIS Q15001※1を満たした企業のみが取得できます。

個人で資格取得を目指す方
  • 社内教育の実践者となり、社員全体のモラル向上につなげたい
  • 有資格者になりお客様に安心してもらいたい
  • 自身での起業や、サイト運営の為に学びたい
企業で資格取得を目指す方
  • 個人情報保護体制の強化により、情報漏えいを防ぎたい
  • 社内教育による社員のモラル向上を図りたい
  • 社内体制強化により、社員の安心につなげたい

※1 個人情報マネジメントシステム - 要求事項

個人情報管理士について
日本個人情報管理協会が定めたカリキュラムに基づき「個人情報保護法に添った個人情報の概念や保護対策の理解」及び「実際の企業実務上、個人情報の管理・運用を行っていく上で必要な知識や能力」 の培養を目指したエキスパートの資格講座です。講義終了後、筆記試験を行い合格者に対して日本個人情報管理協会より「個人情報管理士」の称号が与えられます。
個人情報管理士
  • 個人情報保護に関する法律(個人情報保護法)の理解
  • 4つの安全管理処置の理解
  • 個人情報保護法とJIS Q 15001の違いを理解
上級個人情報管理士
  • 個人情報保護に関する法律(個人情報保護法)の理解
  • 4つの安全管理処置の理解
  • 個人情報保護法とJISQ15001の違いを理解
  • JIS Q 15001を理解し、内部監査や全般的な運用管理の実践教育
  • JIS Q 10002を理解し、苦情対応の実践教育

個人情報管理士育成講座
認定講師から認定標準教材を用いたカリキュラムを通して、育成講座を実施致します。

管理士認定試験
管理士認定試験を受験して頂きます。合格者には認定番号とマークが付与されます。

適切に個人情報を取扱っている企業・団体の証
JAPiCOマークは、厳しい基準をクリアし、より適切に個人情報を取扱っている企業・団体の証として、JAPiCOマークを付与します。
    4つの厳しい基準をクリアした企業にのみ付与
  • JIS Q 15001:2006(個人情報マネジメントシステム ‑ 要求事項)
  • 個人情報保護法
  • 都道府県の個人情報に関する条例
  • 業界ガイドライン
認証取得について
個人情報管理士・上級個人情報管理士とは

昨今、様々な業界や企業・団体において、個人情報の漏えい事故が度々発生しており、企業・団体の情報システムやパソコンにおける個人情報保護・管理の厳格性が問われています。日本個人情報管理協会では、企業・団体で活動する従業員個々人の個人情報保護・管理に関するリテラシー向上が重要なファクターになると考え、「個人情報管理士育成事業」をスタート致しました。

JAPiCO
企業認証について

個人情報漏えいに関する苦情処理の改善指導をはじめ、下記の運用支援も行っております。

  • 問い合わせ対応
  • 障害時の対応
  • サポートプログラム
  • 事例・最新情報の提供
  • 事故事例の共有・対策
JAPiCO
※2 個人情報マネジメントシステム
(Personal information protection Management Systems) を略して PMSといいます。
諸費用
個人情報管理士育成講座に掛かる費用※3(税抜き)
個人情報管理士 上級個人情報管理士
初年度 20,000円 65,000円
更新時(2年毎) 5,800円 26,000円
個人情報管理士育成講座に掛かる費用※3(税抜き)
業界分類なし 従業員数 小規模
2~20人
中規模
21~300人
大規模
301人以上
料金 新規 210,000円 370,000円 500,000円
他制度からの移行 160,000円 270,000円 350,000円
更新 140,000円 250,000円 330,000円
※3 現地審査に係る交通費、宿泊費等は別途請求になります。
JAPiCO公式サイト

JAPiCO - 一般社団法人 日本個人情報管理協会
Japan Foundation for Private Information Conservation Organization (JAPiCO)

お電話でのご相談
03-5302-0090
営業時間9:00~18:00